So-net無料ブログ作成

OH! No! 悲報 竹内義和・八幡愛「コードレスでいこか」終了 [ラジオ生活]


クラウドセブン制作の竹内義和と八幡愛「コードレスでいこか」が、来月で終焉を迎えました。


サイキッカーの中には、この地下放送のような番組を聞いておられた方も少なくなかったのではないでしょうか。

ABC制作の「北野誠のサイキック青年団」は、2009年3月に、あと3回分の「番組」を放送しないまま、尻切れトンボのような形で終わるという悲劇的結末が、多くのサイキッカーに「深い傷」を与えた。


とりわけ、北野誠「死んだらあかん」メタモル出版(2009年)のサイン会も中止となったため、何かのメタファーなのかと邪推されもした。


また、その後に、竹内義和は、「ウルトラマンの墓参り」飛鳥新社(2011年)を上梓している。


これは、構想15年、執筆16年もかかった大作であるが、竹内義和がよく使う「メタファ」としてとらえるなら、前者へのアンサーソングのようなものになっている。


もし、当時、インターネットも、レコーダーもなかったなら、あのような事態は避けられたかも知れない。


90年代の関西の深夜番組では、見かけない日がないくらいテレビにも出まくっていた北野誠は、いまでは山田雅人や立原啓介並に、芸能界から消えた。


タージンよりも、マイナーになってしまった。


タブーに挑戦するものは、泥の海に捨てられる。


その厳しい現実の投影が、現政権への批判であろう。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

jk3qjq

自己レスによる訂正です。竹内義和の「ウルトラマンの墓参り」は、上梓される時点で、構想は10数年前からあり、一度完成し、お蔵入りなったものを、その後、再構成し、新たに執筆されたものであるようです。ご指摘いただきました方に感謝申し上げます。
by jk3qjq (2017-07-29 11:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

父は他界し、認知症の母が残った|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます