So-net無料ブログ作成

父は他界し、認知症の母が残った [お知らせ]

今年の5月15日、満93三才で父は、一年間以上、病に悩まされながらも、それと格闘しつつ、天国へ旅立った。

母は、一年前に悪化した認知症がさらに進んだ。人の区別が付かなくなって、私が話しかけても、知っている声だとは分かるのだけれど、兄なのか弟なのかも分からないようだ。

父ほどには、身体の病気は悪くないので、数年は生きていくのだろう。

認知症は、ひどい物忘れがあると、さきほどまで、ミネラルウォーターを買ってきてくれと言うので、売店まで買いに行って渡そうとすると、怪訝な顔をしたりする。なぜ、水を手渡されたが分からないのであろう。

ケアマネさんから、通所介護は無理だと言われたので、介護付き老人ホームに移った。特養には入れれば1番いいのだが、いつ空くのかも分からない。施設費と医療費などで、月に20万円程度かかる。父の遺族年金も金額が多くないので、現状、赤字である。誰も住まない自宅の売却も考えないといけない。

成年後見人の申立を弁護士に頼んでいるが、後見人が付くまで、3ヶ月以上はかかるらしい。

いろんな手続に時間を取られるし、心が安まらない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます